生命線(写真解説)

細く薄い生命線(写真解説)

基本解説

細く薄い生命線(写真解説)

生命線の太さは、その人の生命力の強さを意味するものです。

生命線にかぎらず、運命線知能線などの他の線も、太くなればなるほど、その線の意味する内容が強くなるということ。

生命線ならば、生命線の暗示する生命力・生活力の強弱を意味する。

細く薄い生命線(写真解説)


画像のように、生命線自体が薄く細い場合、生命力が一般的な人よりも弱い事を意味する。
こういった人は幼い頃から体調を崩しやすく、人一倍体に気を使う必要があると言えます。
ただし、画像の方の場合は生命線自体に切れの相はないため、体調管理に気をつけていけば十分長生きが可能な相といえますね。

細く薄い生命線(写真解説)


この方の場合も同様に生命線が薄く細いわけですが、この場合は前者と違い生命線上の赤矢印で示した部位に切れが生じています。

生命線が切れるということは、体調の大きな変化を暗示していたり、生活上の大きな変化を表すトラブルの相となります。
生命線が切れている部位を生命線の流年法で見て、その時期を推測しましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました