太陽線

複数本の細く薄い線で構成された太陽線とその変化

複数本の細く薄い線で構成された太陽線とその変化

基本解説

太陽線は刻まれているだけでも社会的評価は高いといえます。

ですがこの図のように複数本の細く薄い線で構成されているような太陽線は、移り気な性質でなかなか成功出来ないことを意味しています。
また、散財もしやすく、せっかく儲けてもすぐに出て行ってしまいます。

ただし太陽線は変化しやすい線ですので、本人の心がけ次第では線は一つにまとまっていき、一本の明確な太陽線へと変化していくのです。
そういった意味で、この細かい線はよい太陽線に至る前触れともいえます。

太陽線の変化はかなり激しく、経験上1年でかなり変わります。
私の場合、左手の太陽線は元々は画像のように切れ切れでありました。社会に出た当時は名声も名誉もあったもんじゃないですしね。
けれども仕事を覚えていくうちに、ジョジョに太陽線は明瞭となっていき、いまでは数本の太陽線が針のように鋭く立っています。

たとえ今あなたの手相に画像のような切れ切れの太陽線があったとしても落胆することはないということですね。

ただし、太陽線の変化というのは当然、良い方向にばかり変化するわけではないのです。

複数本の細く薄い線で構成された太陽線とその変化

例えば、青色の切れ切れの太陽線に対して、赤色の妨害線が生じてくることが頻繁にあります。
元々、切れ切れの太陽線を持つ人というのは運勢が安定していません。
派遣社員やアルバイトといった不安定な境遇を点々とするような人に現れやすいとされる太陽線ですが、突然の転勤や左遷・リストラといった憂き目にあえば、画像のように妨害線が生じてくることも考えられます。

緑色の切れ切れの太陽線が変化していき、模様が浮き出てくることがあります。
切れ切れであった線が徐々にまとまっていき、「お、これは1本の明瞭な太陽線になるのかな」と期待していたところ、島になってしまった・・・orz
といったケースはままあるものです。
というのも、上で述べたように切れ切れの太陽線の持ち主というのは、非正規社員といった立場上苦しい境遇の人が多い。
上からのパワハラや圧力を受け入れざるを得ないような境遇に陥るケースがあるため、こういった変化はよく起きるものなのです。

なので、切れ切れの太陽線を持つような人というのは、人からの圧力に屈しないような強い立場の人間になれるよう、日々努力を怠らないようにしていくべきといえるでしょうね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました