運命線

合流する運命線

合流する運命線

基本解説

画像のように運命線の末端が合流するケースを見かけることがあります。

二本の運命線は、片方が本業で片方が副業であるケースが多いのですが、これが合流するということは、それぞれの仕事がある時期を境にお互いに影響しあい、一つの仕事になると言うわけです。
画像のように一本は普通の運命線で、もう片一方は生命線から出ているケースでは、生命線から生じる運命線は努力・忍耐を暗示する運命線ですので、長年の努力がついには本業を支えるまでに成長すると見ていいでしょう。

これら2つの仕事がそれぞれに強く影響をし始めるのは、運命線が交わる点の流年法を参照してください。

そもそも複数の運命線を持つ人というのは、複数のビジネスモデルを持つ方といえます。
実際、私も多くのビジネスモデルを持っていますが、右手には10本以上もの運命線があります。
これは特殊な例と言えますが、こういったビジネスモデルを複数持つ人は、常に「新しい分野に進出できないか」と考えているものです。

それは同時に、「この分野とこの分野を組み合わせると、複合効果が得られないか」というような思索もしている訳ですね。

そのアイデアが、運命線が合流する時期に、現実のものになるという考え方でよいでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました