結婚線の末端がY字に別れる(離別線)

結婚線の末端がY字に別れる(離別線

結婚線の末端がY字に別れているケースを多く見られます。

結婚線は根本付近が結婚当初を意味し、末端に至るにつれて結婚後の経過を意味するものです。
結婚線がY字に別れると言うことは、結婚生活を続けていくうちにお互いの心が徐々に離れていってしまう事を意味します。
これは単身赴任や別居などの物理的な別れを意味する場合もありますし、同居しながらも意志疎通が無いなどの精神的な別れを暗示するケースもあります。

手相ストーリー解説

結婚線の末端がY字に別れる(離別線)と感情線の切れと影響線の関係
めいどちゃん
めいどちゃん

今の世の中で10代で結婚するとか、色々と罰ゲームなんじゃないでしょうかね、ているさん。
「子供が子供を育てるな!」とかめちゃくちゃな論調で周りから説教されそう。
めんどい世の中だよね。

ているさん
ているさん

生物的には若いうちに子供を作って育てたほうがいいのにねぇ。
20歳で出産すれば40歳には子供が成人するから、その後はお互い助け合いながら老後も安泰って感じになるんだろうけど。
40歳で子供を作っても60歳で成人して・・・ってもうその時点で下手すると要介護になってるし。

めいどちゃん
めいどちゃん

結構そのパターンは絶望的ですよね。
ただまぁ、焦ってどこの馬の骨かも分からない外れを引き当てると、人生の前半がむちゃくちゃになるという罠。
結婚もガチャみたいなもんですね。

ているさん
ているさん

人生をかけたガチャで人生棒に振るとか、割とハードル高いね・・・。
まぁ今回はそんな「結婚ガチャ」でハズレを引き当てた人の手相を考えてミリョ。
まずはお題の「末端がY字に分かれた結婚線」を赤色で描いた。
上で書いたように、これは「はじめのうちは結婚生活がうまくいっていたように見えるが、徐々にお互いの心が離れていき、最終的に離別する」という意味合いがあるよ。

めいどちゃん
めいどちゃん

うーん、倦怠期に入ってお互いに興味もなくなり、「子育ても終わったし別れましょうか」みたいなノリで熟年離婚とかよく聞きますよね。
世間体を保つために結婚しているって人も結構いるみたいですけど、それも仕事を定年したらもうどうでも良くなっちゃうのかもしれませんね。
ぶっちゃけ家事とか面倒ですしね。

ているさん
ているさん

それもどうかと思うけどなぁ。
んで、青色の運命線に対して影響線を描いてあるよ。
これは「はじめはよい相手だと思っていたけど、付き合うに従ってパートナーが豹変。一転してDV夫に・・・」みたいなパターンだね。

めいどちゃん
めいどちゃん

結婚するまでは猫かぶってたんですかね。
ぶっちゃけ結婚前に同棲して、お互いの性格・性質をきちんと見極めた上で結婚しないと、こういうことになりますよね。

ているさん
ているさん

そうだねぇ、一生付き合っていく相手を衝動買いみたいに衝動的に結婚して「こんなはずじゃああああ!」と公開しても後悔先に立たず。
今まで人生を異にしてきた男女がひとつ屋根の下で暮らすのです、理想と現実の間で溺死しても仕方ないのです。

めいどちゃん
めいどちゃん

ならばアレ(パートナー)を倒してしまっても、構わんのだろう?
って感じでDV始めるんですかね?
まぁ結婚後に相性のいい異性を見つけて、そちらにお熱ってのもあるあるだと思いますけど。

ているさん
ているさん

そういうのもあるだろうねぇ。
いちおうそれを想定して、Y型の結婚線よりも晩年に短い結婚線を書いてるよ。
感情線が別れてるから初婚に敗れるのは宿命で、だけど次の相手も見つかるって相だね。
水色の印象線も描いてあるから、はじめの相手とは別れても、次があるさ!の精神だね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。