切れた生命線

切れた生命線

生命線がその人の生命力を意味するならば、切れた生命線は生命力の破断、すなわち病気や怪我を意味するケースがあります。
生命線の切れはその切れ幅が大きくなればなるほど、その危険度を増していくものです。
画像のように、生命線が切れているが、その外側に補佐するように新たに生命線が生じている場合、たしかに健康を著しく崩すような出来事が生じるものの、その被害は最小限に抑えられるでしょう。

※生命線は「生活境遇」をも意味するため、単に生活境遇の大きな変化を意味する場合もあります。

切れた生命線

生命線が切れるパターンというのは複数あって、上の画像のように内側に入り込むようにして切れる生命線は、危険な兆候となります。
というのも、生命線の内側は「身内・家族」を意味する部位なのですが、生命線が切れ、その末端が生命線の内側に入り込むということは、身内・家族の影響を強く受けるという意味になります。
ということは、なんらかの病気・怪我で著しく体調を崩した後、家族の介護を受けるという意味になりますので、その症状が重いのも想像できると思います。
もしもこの内側に入り込む生命線の後に、青色の運命線のように別の運命線が生じているならば、一命を取り留める可能性もあります。
が、生命線の切れ方としては、内側に入り込むパターンは危険なので、ここで命を落とすことも考えられます。

切れた生命線

この場合、助かるパターンというのは上の画像のように、生命線の切れている部位の始点及び終点に、妨害線が刻まれている場合ですね。
「妨害線なのに、なんで助かる暗示になるの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、この場合、生命線2本と妨害線2本とで四角(スクエア)を形成しているためです。
生命線上の四角は、「危機的な状況をかろうじて回避する」という意味合いがあります。
内側に入り込むような切れ方をする生命線は、生命線の切れ方のなかでもかなり危険な相なので、例えばガンになるとか、交通事故に巻き込まれて生死をさまようだとか、そういった非常に危ない状況下に置かれることを意味します。
しかし、内側に入り込んだ生命線の後に、青色の新たな生命線が生じており、かつその間を橋渡しするように妨害線が刻まれていれば、危機的状況を乗り越えられる暗示となるわけです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。