生命線

短い生命線の末端に直線の妨害線(障害線)が生じている

短い生命線の末端に直線の妨害線が生じている

基本解説

短い生命線を持っているだけでは、必ずしも短命ではないと解説してきました。

ただし、短い生命線の末端を遮るように妨害線が生じている場合、不慮の事故などによって命を落とす事が考えられます。
生命線に生じる妨害線は生活上のトラブルが生じることを暗示しており、妨害線によって遮られた後の生命線の状態が悪い場合、今までの生活を送ることができなくなる事を表\しています。

図の場合は、生命線に妨害線が生じた後、生命線が消えてしまっているので、命が危険にさらされる事を表\しているのです。

なお、線の法則に則って、妨害線が太くなればなるほど、その深刻度は増します。

短い生命線の末端に直線の妨害線が生じている

関連する線

●他の線との関連性
生命線の末端に生じている妨害線は、死相の一種であります。
ならば、この妨害線が表すトラブルが、一体どこからくるのかということを考察し、その危機に備える必要がでてきます。
なので、今回は妨害線が表すトラブルがどこから来るのかを、他の線と関連して考えていきましょう。

・生命線の内側に生じたとつながる(薄紫色)
薄紫色の星は身内・家族におきるショッキングな出来事です。このショッキングな出来事とは、大抵の場合は身内・家族の死を意味しますが、ここより線が伸び、生命線を切っているために、これらは心中を意味することになります。
もしも、妨害線が弓形であったり、横向きのであれば、その可能性は大きくなります。

・妨害線が仕事線につながる(緑色)
緑色で示した線は「仕事線」といい、仕事に対して非常に熱心な方に現れる相です。
ですがあまりにも仕事に熱心すぎて、家族や友人を顧みないところがあります。
仕事でも他のメンバーとの諍いが起きやすいのが特徴ではありますが、この相の場合、仕事上の事故やトラブルにより、命の危機が生じます。

結婚線から垂下した線が妨害線へとつながる(青色)
青色の先は、下向きの結婚線が伸びて妨害線へとつながるような形です。
結婚線は上向きになると良縁、下向きになると悪縁を意味しますが、今回の場合、悪縁による結婚線の影響により、遂には命を落とす凶相となります。
伴侶から殺されるといった意味になりますね。
結婚詐欺やDV等、理由は様々あると思いますが、結婚に関するトラブルは結婚線・感情線印象線など他の線を参考にしてみてください。

これらに加えて、水色の運命線が遮られている場合、生命線と運命線の流年法を見て、その妨害の時期を推測し、同時期であればその悲劇は確定的なものになります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました