結婚線

運命線が長く伸びた結婚線と感情線との交点で止まる

運命線が長く伸びた結婚線と感情線との交点で止まる

基本解説

画像のように、長く伸びた結婚線と、感情線との交点で運命線が消えるケースがまれにあります。

これは恋愛・結婚のトラブルを暗示する相の中でも最悪のケースを現すものです。
意味合いとしては、
・感情線で止まる運命線→家庭内トラブル・感情的ないさかいにより運勢を終わらせる
・結婚線で止まる運命線→結婚・恋愛上のトラブルにより運勢が終わる
・運命線が突如止まる→破滅的な運勢上の打撃

の3つが同時期に重なり合って生じるということになります。

時期としてはかなり遅く、運命線が感情線と交わる点である55歳前後と言えるでしょう。

そもそも、長い結婚線というのは、パートナーとの縁が強いことを意味しています。
故にパートナーに依存し、依存されといった密接な関係になるため、そのパートナーを失ったときに大きな痛手となるわけですね。

例えば自営業をしていて業務のパートナー依存分が大きかったり、パートナーしか把握していない業務が多かったりといった場合、パートナーを失ったときの痛手は相当なものになる、ということです。

今回のお題である「結婚線が運命線を切る」ということは、長年続けてきたパートナーとの関係が、ある時期において運勢に大きな影響を及ぼすということになります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました