運命線

運命線から太陽丘へと支線が出る

運命線から太陽丘へと支線が出る

基本解説

運命線から生じる支線は、新しい方面への運勢開花を表しています。

運命線から新たに太陽丘へと支線が出る場合、太陽線の影響が強く出ます。
すなわち、名声と成功を有した力強い運勢開花を意味します。
ただしこのタイプの運命線(太陽線?)は、華やかな成功の裏に誰の目にも付かない地道な努力があるが故の成功となるのです。
この運命線との交点から、後述する「水星丘へと至る運命線の支線」が生じると、「三奇紋」と呼ばれる手相の中で最も吉相の一つといわれる相となるのです。
それほど、運命線から生じる支線とは、力強い運勢の開花を暗示する物なのです。
このタイプの線は、若年には刻まれていないのが普通で、30歳を越える当たりから徐々に薄く細く刻まれ初めて、年を経る事に力強く明確になってくる物なのです。
もしあなたの手相にこのタイプの支線が生じた場合、あなたは今後、華やかしい成功を得うる可能性があるということです。

運勢開花の時期は、運命線から分岐した地点を運命線の流年法で推測して推測してください。

このタイプの運命線は本人の努力によって開花することが多いため、年を経る事に支線が濃く、強くなっていく傾向にあります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました