運命線

運命線が長く伸び中指の末端まで伸びる

運命線が長く伸び中指の末端まで伸びる

基本解説

運命線が非常に長く、中指の末端まで伸びる。

いわゆる天下筋と呼ばれるこの手相は、通常見ることはないでしょう。
非常に運が強く、常人離れした人生を送るとされる。
かの豊臣秀吉にあったとされるのがこの相です。

運命線は手首側を若年として見、指先に進むに従い年齢が経過し、指の付け根を最晩年と見る。

指の付け根以降は「死後」となるわけで、中指の末端にまで行けば「死後も語り継がれるような境遇」だと言える。

秀吉のように伝説の英雄ともなればこういった相は見られるでしょうが、通常見ることはありませんね。

激レア中の激レア、と言って差し支えないでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました