太陽線

太陽線が運命線から少し生じ始めている

太陽線が運命線から少し生じ始めている

基本解説

運命線から上向きの線が生じるということは、例え小さく細かい線だとしても成功の兆しなので見逃さないように注意が必要です。

特に図のように太陽線として生じ始めた太陽線は、大成功の前触れとも言える線です。
この線は初め、うっすらと毛耗線として生じ始めるため、非常に見づらいのですが、確実な成功の暗示と言われています。
これらの線はこの成功が意味する事柄に向けて努力を続けることで、より明確に深くなっていき、先端が伸びていきます。

どんな線にも言えるのですが、初めの兆しを見逃さないことが重要です。
特にこの「運命線から生じた太陽線」のようにその意味あいが他の線より強力なものであればあるほど、その兆しを見逃さないようによく観察しましょう。

筆者の例

私の場合、26歳ころから運命線から細かい上向きの線が出始めました。
当時は仕事で失敗し、失意のどん底にいたためよく覚えています。
「あれ、こんなに悲惨な状況なのに、38歳頃から運命線から上向きの線が出ている・・・?」
その後、10年に渡り私の人生は紆余曲折を経験しました。
高難易度資格を取得するまでに5000時間もの勉強、そして転職、転職・・・。
決して安楽な人生ではなかったのですが、39歳の今は収入も激増し、割と恵まれた環境にいられます。
それもこれも、必死に資格を勉強したおかげですね。

元々は運命線から細かい上向きの3mmほどの線が出ているだけでした。
ですが今は太陽丘までその線が伸び、いつしか太陽丘にフィッシュまででています。

このように、太陽線は非常に変化が激しい相です。
特に運命線から生じた太陽線というのは、本人の必死の努力により運勢が開かれることを意味するものです。
なので、本人が努力を怠っているといつまでも線がのびず、いつしか時間切れとなってしまいます。
時間切れ、というのは、開運の時期は開運線が運命線より生じる時期と決まっているからです。
この時期をすぎれば、時間切れということになってしまいます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました